新越谷駅前えがわ整形外科クリニック

お問い合わせ
Tel.048-971-9315

プラセンタ注射

Medical

プラセンタって何?

プラセンタとは「胎盤」のことです。

胎盤は肺や肝臓、腎臓、内分泌作用、免疫作用、消化作用などさまざまな機能を胎児が体内で発育するまで代役をしています。また、ホルモン分泌を行ったり、病気にかかりにくくするため免疫を与えるなど様々な働きを担っています。そのため胎盤は「万能の臓器」と呼ばれています。

プラセンタ注射は胎盤に含まれる有効成分(アミノ酸、脂質、ミネラル、ビタミン、核酸、ヒアルロン酸、酵素など)を抽出したものです。

効果

人間以外の哺乳類は出産後に自分の胎盤を食べますが、これは血液の臭いを消す目的の他、「栄養の宝庫」である胎盤を摂ることで体力の回復を促していると考えられています。

人間の世界でも、プラセンタに含まれる豊富な成分が傷や炎症の自然治癒力を促進することは古くから知られており、古代ギリシャの医師・ヒポクラテスが治療に用いたという説もあります。タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルの五大栄養素をはじめとした栄養素が豊富に含まれています。

プラセンタの働きとして、次のようなものが報告、確認されています。

  • 免疫賦活作用:病気に対する抵抗力を高める
  • 活性酸素除去作用:活性酸素を除去し、老化を防ぐ
  • 抗炎症作用:炎症を抑え、壊れた組織を修復する
  • 強肝・解毒作用:肝臓の働きを強化する
  • 妊婦の乳汁分泌促進作用:妊婦の乳汁分泌を促進する
  • 抗アレルギー作用:アレルギーを抑える
  • 疲労回復作用:疲労の回復を促す
  • 美肌促進作用:シミ、シワ、ニキビを抑え、美白を促す

また、プラセンタは以下のような部位、症状、分野で効果が確認され、活用されています。

  • 肝臓:脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝炎、ウイルス性肝炎
  • 婦人科:更年期障害、生理痛、生理不順、冷え性、月経不順
  • 整形外科:関節痛、腰痛、肩こり
  • アレルギー科:花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎
  • 神経科:不眠症、自律神経失調症、頭痛
    その他:免疫力減退、リウマチ、膠原病、放射線障害、風邪、癌、精力減退、視力減退、視野狭窄、白目の濁り、嗅覚・味覚減退、耳鳴り、頭痛、アルツハイマー
  • 美容:美白、美肌、シミ、シワ、たるみ

当院のプラセンタ療法について

注射

目的・個人差にもよりますが、最初の1~2ヶ月(初期療法)は1回2Aで週に1~2回。
維持療法は、1回1~2Aで1~2週間に1回くらいが効果的です。

価格

1アンプル(2ml)につき 1220円(税込)

飲むプラセンタ

メルスモン社の「ゴールドリキッド」

多種アミノ酸、ビタミン、ミネラル等を豊富に含んだ、安全性の高い健康な国産ブタ由来のプラセンタエキスを使用しており、 さらにヒアルロン酸、トレハロース、クエン酸が配合されております。 飲みやすいドリンクタイプのプラセンタです。

価格

30本(1か月分) 15000円(税別)

在庫に限りがあるのでご来院前にお電話でお問い合わせください。

  • ※プラセンタ注射、飲むプラセンタ、にんにく注射を始める際は医師の診察が必要です。
  • ※初診時のみ初診料2,000円(税別)がかかります。