新越谷駅前えがわ整形外科クリニック

お問い合わせ
Tel.048-971-9315

PRP療法

Medical

当院はPRP治療関して、厚生局より承認を得た施設です。PRP治療の経験豊富な看護師が、医師との二重確認のもと採血からPRP(APS) 作成まで行っております。

APS治療

これまで変形性関節症の治療は、ヒアルロン酸投与や人工関節手術などが中心でしたが、関節の痛みに特化した再生医療、次世代PRPの「APS治療」が当院で実施できるようになりました。

従来の一般的な治療を受けても症状が改善しない患者さんも、一部ですが存在します。そのような方々に「先端医療」の存在を知って頂きたいと思っております。「再生医療」は、メジャーリーグや日本トップレベルのスポーツ界においては今や通常の選択肢の一つとなっています。これまでは一部の人々のためのものであった最新の先端医療を、私どもは一般の患者さんたちにも提供することが出来たらと考えております。

q&a

 

APS療法とは

APS療法は、次世代のPRP療法といわれ、PRPから抗炎症成分など関節の健康にかかわる成分を取り出したものです。既存のPRP療法よりAPS療法の方が効果が高く、肩や膝など関節症治療への応用が期待されています。APS治療は欧州ではすでに治療法として承認されていて、米国では複数の医療機関において有効的な確認が進んでおり、日本でも新しい治療として注目されています。

APS療法が効果的な疾患

■変形性関節症などで手術を悩んでいる方
これまで変形性関節症の治療は、ヒアルロン酸投与や人工関節手術などが中心でしたが、関節の痛みに特化した再生医療、次世代PRPの「APS治療」が当院で実施できるようになりました。

poster

APS治療の特徴

1.手術がいらない再生医療

患者様のご自身の血液から作製したAPSを患部に注射する治療です。

2.日帰り治療

採血と注射のみで終わるため、入院は不要です。手術と比べると治療時間が短いため、年配の患者さんも受けられます。

3.効果が持続

自然治癒力を高めて、傷を修復することを目指す治療なため、治療効果が長期間期待できます。海外では、APSを一回注入後、約12か月間効果が続くことが報告されています。

4.高い安全性

APS療法はご自身の血液を利用しているため、安全性も高く、体への負担が少ない治療法です。
PRPおよびAPS作製は医療機器として治療に使用すること(安全性)が厚生労働省より認められた医療機器(当クリニックでは、Zimmer-Biomet社製GPSⅢPRP KIT / APS KIT)を使用します。患者さんご自身の血液を用いるため、免疫反応の起きる可能性は極めて低いと考えられます。
また、採血と注射のみで終わるため、患者さんの体への負担も少なくて済みます。 PRPおよびAPS療法は、現在のところ保険診療としては認められておらず、自由診療で行われています。

APS治療の流れ

下記の4ステップで進めてまいります。

採血
1.採血

治療に必要な量を採血します。

血液を装填
2.血液を装填

遠心分離機の専用の容器に採取した血液を装填します。

遠心分離 遠心分離
3.遠心分離

血液を遠心分離機にかけます。

APS作成
3.APS作成

治療に必要な濃縮した血小板を取り出します。

注射
4.注射

痛みのある箇所に注射します。

注意点

  • 治療の時には注射を使うため、痛みがあります。
  • 治療から数日間は、治療した場所に腫れや痛みが出たり、熱く感じたりすることがあります。
  • 治療した場所によっては、腫れが1週間程度続くことがあります。